薬局のしごと/くすり/病気に関する情報発信サイト

問 麻薬調剤に関する記述のうち、誤っているのはどれか 。2つ選べ。

 

1 麻薬は、麻薬以外の全ての医薬品と区別して保管しなければならない。
2 院内麻薬処方せんは、患者住所、使用期間、麻薬診療施設の名称・所在地の記載を省略してもよい。
3 麻薬管理者は、施設内に帳簿を備え、交付又は施用した麻薬について、その都度記録する。
4 麻薬管理者は、当該麻薬業務所の他の職員の立会のもとで調剤済の麻薬を廃棄することができる。
5 調剤ミスをして全量回収できた場合には、回収した麻薬を廃棄するにあたって麻薬事故届が必要である。

 

1 誤
麻薬は鍵をかけた堅固な設備(麻薬専用の固定した金庫又は容易に移動できない金庫で施錠設備のあるもの)内に保管しなければなりません。
覚せい剤は、麻薬と一緒に保管することができます。なお、帳簿などの書類も金庫内に一緒に入れてはいけません。

 

2 正
院内麻薬処方せんの場合、患者の住所、処方せんの使用期間(有効期間)、麻薬診療施設の名称・所在地は省略することができます。

 

3 正
製麻薬管理者は、麻薬診療施設に帳簿を備え付け、麻薬の受払いについてその都度麻薬の品名、数量及びその年月日等を記録しなければなりません

 

4 正
調剤済の麻薬は、麻薬管理者が当該麻薬診療施設の他の職員の立会いの下、焼却、放流等麻薬の回収が困難な方法で適切に廃棄します。廃棄後30日以内に調剤済麻薬廃棄届を届け出なければなりません。

 

5 誤
調剤ミスして麻薬を全量回収できた場合、事前に麻薬廃棄届を都道府県知事に届け出なければ廃棄することができません。

 

麻薬事故届→減失、盗取、流出、所在不明などにより麻薬が回収不能の場合
麻薬廃棄届→謝って床に落とした場合、期限きれになった麻薬の場合、回収可能の場合

 

 


HOME サイト概要 プロフィール お問い合わせ